院長紹介

眼の病気

眼鏡・コンタクト

お問い合せ

   Tel : 03-5697-8600
受付時間  月~土  9:00-12:30
        月~金 14:15-17:30
  休診日: 木・日・祝日

網膜裂孔・網膜剥離

飛蚊症

視界に虫や糸状の物が、見える事はありませんか?
病気の症状の可能性があります。

明るい所や白い壁、空を見た時にまばたきをしても目をこすってもゴミが 見える事があります。眼球の中には硝子体と呼ばれるゼリー状の透明の 物質が入っています。その中に何らかの原因で濁りが生じ網膜に映ったものが見えるのが飛蚊症です。

その濁りは、生理的で問題がないものと病的なものがあります。病的なものの中には、 網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などがあります。検査をしないと病気か区別する事はできません。

飛蚊症の急な変化は、眼の病気のサインです。早めに受診しましょう。

網膜裂孔

img_03

レーザー光凝固
早期に治療をすることにより網膜剥離を予防できます。

網膜裂孔は、網膜の一部に孔(あな)が開いている状態です。何も症状が無い場合も ありますが、飛蚊症や光が走る光視症といった症状を感じることも多くあります。 そのまま放置しておくと、網膜剥離になる可能性があります。

早期に発見できるならば、瞳孔からレーザー光を照射する光凝固の治療を行い 瘢痕状態をつくり補強する事により網膜剥離を予防できます。 当院では、外来にて網膜へレーザー光凝固の治療を行っています。

飛蚊症を放置せずに、受診し検査をしましょう。

網膜剥離

飛蚊症、光視症、視野欠損、急激な視力低下
このような症状があれば、すぐに検査を受けましょう 。

網膜に裂け目や穴が生じ、硝子体の液が網膜の裏側へ流れ込み 網膜が剥がれてくる病気です。放置しておくと、失明します。

剥離した網膜は、時間が経つと光を感知する機能を失います。 一度失われた機能は二度と再生せず後遺症が残ってしまいます。 網膜の機能を失う前に、できるだけ早く治療を始める必要があります。

強度近視の方、外傷後に症状が出た方は、より注意が必要です。