院長紹介

眼の病気

眼鏡・コンタクト

お問い合せ

   Tel : 03-5697-8600
受付時間  月~土  9:00-12:30
        月~金 14:15-17:30
  休診日: 木・日・祝日

加齢黄斑変性

見ている物がゆがんだり、中心が欠けて見える事はありませんか?

眼鏡をかけた状態で、必ず片目を隠して確認してみましょう。

片目が病気になっても、他眼でおぎなうため両目で見ていると異常を 感じにくくしていることがあります。

視力低下や色のコントラストが左右異なったりしていませんか?

光干渉断層計(OCT)

img_5534.jpg

眼底の断層撮影を行い網膜解析を行います。
網膜厚の変化を定量的、視覚的に比較解析出来ます。

加齢黄斑変性とは、網膜にある黄斑部に起きる病気です。加齢等の原因によって 出血や浮腫などにより、視力低下や変視症が生じます。黄斑とは、視力に最も関わりが深く 色を識別する細胞など重要な細胞が集中している部分の事です。

まず眼底検査を行い、病気の部分が黄斑のどこにあるか詳しく調べます。 そして、経過を見ていきます。 また状態により、眼内注射を行う事もあります。

眼底写真

img_03

眼底の網膜の撮影を行います。
定期的に撮影して、経過を観察します。

治療中は、大切な良いほうの眼も定期的に診察していく必要があります。

若い方でも、喫煙や他の要因により発症することがあります。

加齢黄斑変性は、高齢者に多く発症する病気ですが 一般的にはあまり知られていません。失明という深刻な状態を招く前の、 早い段階で治療を開始すれば良好な視力を保つことが出来ます。

定期的に自己チェックを行い、異常を感じたら早めに受診しましょう。