院長紹介

眼の病気

眼鏡・コンタクト

お問い合せ

   Tel : 03-5697-8600
受付時間  月~土  9:00-12:30
        月~金 14:15-17:30
  休診日: 木・日・祝日

老眼鏡

老眼とは?

老眼は40歳前後から始まる誰もがなる眼の老化で水晶体の調節力が弱まったため、近い所が見えにくく
なる症状です。見えにくいのに無理をしていると、疲れ、肩こり頭痛の原因となることがあります。
無理をせずに、眼鏡を合わせて装用することにより快適に過ごす事ができます。
一般に近視の人は老眼になりにくいと言われていますが、これは間違いです。
近視の人は老眼になっていても、もともと遠くが見えない分近くにピントが合っているのでその分調節を
必要としないため老眼になっていないように感じるためです。

老眼鏡

最近は、老眼鏡は駅や雑貨店、また100円ショップでも売られています。ただし、手軽さや安さだけで選ぶ
のは考えものです。既成の老眼鏡は、乱視が入っていなかったり、両目に同じ度数のレンズが入っている
ことがほとんどです。その状態でも見えるからと使用を続けると疲労の原因となり、時には頭痛や肩こりに
悩まされることもあります。既製品で間に合わせずに、正しく調整して快適な環境で読書やパソコンを楽し
みましょう。

累進多焦点レンズ

一枚のレンズに、近用と遠用の二つの焦点を持っているレンズです。今までも眼鏡を装用されて
いたり、使いこなせる方には便利なものです。しかし、慣れないと足元が曲がって見えたり
めまいや視力不良がでる場合があります。どのような用途で使用するか相談しながら決めましょう。